ハイプロンは主食

眠れない睡眠障害のメンヘラによるブログです。

眠る前にスマートフォンを見てはいけない理由

f:id:takowabisabi:20201012034742j:plain

睡眠する前にスマートフォンを見てはいけない 一見意味の通っている言葉に見えて、「なぜ見てはいけないのか」その理由は知らないという方は多いのではないでしょうか? 今回は現役医大生である運営者が人体のホルモンの働きの観点から、寝る前のスマートフォンが睡眠障害の原因になりやすい理由を解説します。

 

  • 寝る前にスマホを見てはいけない理由
  • メラトニンホルモンの働き
  • どうしても見たい時はどうするべき?
この記事を通して、以上の3点を理解することが出来ると思います。
また、メラトニンをお得に購入する方法を以下の記事にて解説しました。 購入の際の参考にしてみてくださいね。
内部リンク

なぜ睡眠前のスマートフォンは悪なのか?

寝る前のスマートフォン 「睡眠前にスマホは見るべきではない」 そんな言葉を聞いたことがある方は多いと思います。 睡眠障害が社会現象となりつつ昨今の日本において、その原因たるスマートフォンの正しい使い方を論じているニュースや記事はたくさんありますよね。 その理由は、メラトニンと言う人体のホルモン機能を調べてみることで明らかになります。今回はホルモンに注目して、なぜスマートフォンを利用してはいけないのか解説していきます。

メラトニンの働きから分析

メラトニンとは、脳の松果体という場所から分泌されるホルモンです。 メラトニンがどのような働きをしているのかというと、

  1. 生活リズムの調整(サーカディアンリズム)
  2. 人の睡眠リズムを操作する
 
以上の2点の機能を調節しています。
 
人間はメラトニンの血中濃度の上下によって眠さを感じたり、脳が覚醒したりするのです。

メラトニンはどのように睡眠リズムを操作しているのか

どうして寝る前のスマートフォンとメラトニンが関係しているかというと、脳がメラトニンを分泌するメカニズムと関連性があるからです。 人間の脳は通常、メラトニンの分泌量を次のように調整しています。

  • 明るい光刺激が入ってきた場合:メラトニン分泌量が減少する
  • 光刺激が入ってこない場合:メラトニン分泌量が増加する
 

光刺激が網膜から入ってこない=夕方から夜にかけて、人間は「眠さ」を感じるようになるのです。 逆に、明るい太陽の光を浴びるとメラトニン分泌が制限され、脳は覚醒します。 つまり、人間の脳は「網膜から入ってくる光刺激の量によって」睡眠リズムを調整しているのです。  

このメラトニン分泌のメカニズムこそが、寝る前のスマートフォンを悪とする理由の一つになります。

なぜ睡眠前のスマートフォンが悪なのか

人間の脳は、網膜から入ってくる光の刺激によって睡眠を取るべきか、取らないべきかを判断しています。 あなたが「睡眠をとるべき」だと考えている時間になっても「眠くならない」理由は、脳がメラトニン分泌をしていないからです。   いつまでたっても網膜から光刺激を取り入れている=暗い部屋の中でスマートフォンを見つめていることで、脳はメラトニン分泌を抑制し、眠気を感じなくなります。

スマートホンの光によってメラトニン分泌が抑制されてしまうため、いつまで経っても眠ることができない現象が起こる。

まとめ:睡眠メカニズムをよく理解しよう

眠る前のスマートフォン 睡眠障害を改善するためには睡眠メカニズムを深く理解することが重要です。 また、どんなに工夫を凝らしても眠れない時は睡眠サプリメントや睡眠薬に頼る手段もあります。あまり良いイメージがないのは事実ですが、睡眠障害で困っている方のために開発された薬剤なので、使用用途と使用料を守りさえすれば効果があります。 当サイトでは睡眠薬と睡眠サプリメントの違いなどについて解説した記事も執筆しているので、よかったら読んでみて下さいね。  

また、メラトニンをお得に購入する方法を以下の記事にて解説しました。 購入の際の参考にしてみてくださいね。
 
内部リンク